カスタマーサービス 03-3499-6066
指輪の形はさまざま。似合うタイプの選び方は?

指輪には多種多様な形が存在します。指の長さや太さなどに着目し、似合う指輪を探しましょう。今回は、指輪選びの際に役立つさまざまな情報をご紹介します。

 

 

【指輪の印象を左右する! 形による違いを見極めよう】

指輪の形には、ストレートのものや波打つ形のものなど、幅広い種類があります。一般的な指輪の形は、どういったものがあるのでしょうか。ここでは、主な指輪の形をご紹介します。

 

<ストレート>

まっすぐな形状のストレートの指輪は、多くの方に親しまれているデザインです。非常にシンプルですが、飽きが来ずに長く使い続けられます。太さや宝石、彫りなどのデザインを変えることで、幅広いアレンジが可能です。

 

<ウェーブ・ひねり>

ストレートの指輪をねじったような形のものは、エレガントな雰囲気を醸し出します。柔和な雰囲気を出したいときにもぴったりです。

<V字>

指輪の一部がへこんで、V字を形作っているデザインです。ストレートやウェーブよりもファッショナブルなものが多く、重ねづけにもおすすめです。

 

<甲丸・平打ち>

甲丸は指輪の表面が丸くなったもの、平打ちは表面が平べったいものを指します。どちらかというと、平打ちのほうがカジュアルな印象が強くなります。結婚指輪や婚約指輪などには甲丸を選ぶ方が多いようです。

 

 

【それぞれの指に合った指輪の選び方は?】

人によって指の長さや太さは異なります。指輪を選ぶ差は、指の特徴にも注目してみましょう。ここでは、指のタイプ別に似合う指輪を、簡単にご紹介します。

 

<細めの指>

細めの指の場合、指輪の幅が狭いものが似合います。指に対してボリュームがありすぎるリングだと、全体のバランスが崩れてしまうかもしれません。デザインはストレートやウェーブなどのタイプが特に似合います。

 

<太めの指>

太めで短い指の方が細い指輪をチョイスすると、アンバランスに見えてしまうことがあります。スタンダードな太さか、少々幅が広いものを選ぶとバランスよく見えます。動きのあるデザインのウェーブタイプやV字タイプも似合うでしょう。

対して、太めで長い指にはさまざまな形が似合います。指を華奢に見せたいときは、幅が太めのものを選ぶのがおすすめです。

 

<節の目立つ指>

節が大きく目立つ方は、リングが指の途中で引っかかってしまうことが多いのではないでしょうか。そのため、指よりも少々大きめのサイズ感を選ぶ方も多いはずです。

大きな指輪でも外れにくく着け心地が良いのは、幅広のデザインです。センターにひとつだけ宝石があるデザインだと指輪のズレが気になってしまうため、全体に小さな宝石がたくさんあしらわれたものがおすすめです。

 

 

【おわりに】

似合う指輪の形は、人によって異なります。ご自分の指のタイプを考慮し、合うものを選んでいきましょう。TOUSでは、形や素材、宝石などが異なる、さまざまな指輪をご用意しています。普段のお出かけに使えるものからパーティーシーンにふさわしいものまで、幅広く展開中です。ぜひ一度ショップをご覧いただき、お好みのリングをお探しください。

 

トップページへ戻る