カスタマーサービス 03-3499-6066
スカーフは柄や素材、サイズにこだわって選ぼう

首元が寂しいときは、スカーフを巻き付けるだけで華やかさがアップします。ただ、スカーフは欲しいものの、柄や素材、サイズなど、どれがご自分にとって最適かわからないという方も多いのではないでしょうか。ここでは、スカーフを選ぶときに役立つさまざまな情報をご紹介します。

 

 

【柄や素材など、お好みのものを選ぼう】

春は体温調節、夏は紫外線対策、秋冬は防寒やコーディネートの差し色など、スカーフはどの季節でも活躍するアイテムです。一枚持っておけば、さまざまな場面で役に立つでしょう。ここでは、スカーフを選ぶときに気をつけたいポイントをご紹介します。

 

<色・柄>

スカーフには総柄のものや多色遣いのものなど、多種多様な柄が存在します。単色のもののほうがコーディネートに合わせやすい気もしますが、実は多色遣いのほうが幅広い服に合わせやすく便利です。

また、暗い色の服が多い方は明るい色のスカーフ、明るい色の服が多ければ暗い色のスカーフと、お持ちの服と反対の雰囲気を選べば差し色にしやすいのでおすすめです。また、春夏は淡い色、秋冬は濃い色だと季節感を出しやすくなります。

 

<素材>

通年使えるのはシルク素材です。さらりとした感触のため、暑い季節も気持ちよく使えます。高くてもお気に入りのものを買い、お手入れしながら長く使っていくのもおすすめです。

春夏は麻や綿などのスカーフを使うと肌触りが良く、通気性があって蒸れにくいといわれています。反対に、ウール素材は保温性が高く秋冬向きです。

また、ポリエステルはお手入れがしやすいのがメリットです。洗濯のしやすさを重視するなら、ポリエステルが含まれたものを選んでみてはいかがでしょうか。

 

 

【おすすめのサイズは?】

50cm×50cm~90cm×90cmの正方形のものは、首元にもバッグにも巻けるサイズです。使い勝手が良いため、迷ったらこちらのサイズを買うのもおすすめです。首に巻くのはもちろん、手首に巻いてブレスレット替わりにもできます。頭に巻くと、リボンやカチューシャとしても使えるでしょう。

スカーフを目立たせたいときは200cm×75cm程度の大判サイズを選ぶのがおすすめです。首元に巻くだけで簡単に華やかな着こなしができます。羽織としても活用できるため、一枚持っておくと大変便利です。ご自分の使い方に合わせ、お好みのサイズを購入しましょう。

 

 

【おわりに】

TOUSでは多数のスカーフを販売しています。サイズや柄、素材なども豊富です。もちろん、かわいらしいくまをモチーフにした柄のスカーフもたくさんご用意しています。テディベア型の愛らしいスカーフホルダーと一緒に、ぜひTOUSのスカーフをご利用ください。

トップページへ戻る